アシュレイマディソンで2015年7月に、ユーザー3700万人分のデータがハッカー「インパクト・チーム」によって流出した事件について簡単にご説明していきます。

アシュレイマディソンの調査による東京23区で不倫が多い地区は、

1位 港区 7.63%
2位 世田谷区 6.53%
3位 渋谷区 6.17%
4位 新宿区 6.16%
5位 江東区 5.55%
6位 千代田区 4.21%
7位 大田区 3.66%
8位 品川区 3.54%
9位 杉並区 3.21%
10位 中央区 3.19%

となっています。
日本人で登録していた人の情報もかなり流出しており、特に富裕層や高所得者の不倫データが多く流出したものと考えられます。

[出典]日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

個人情報の保護やセキュリティがズタズタで、情報がばれた事により、職を失ったり離婚したり、果てには自殺した人が続出したそうです。
さらに、女性登録者の中にはフェムボット(女性になりすまし男性ユーザーに課金を促すボットプログラム)が7万個以上と大量にふくまれていました。

日本の出会い系サイトでいうサクラ行為で、女性のナチュラルな登録ユーザーはごくわずかと言うことも判明いたしました。
男性は、登録情報がバレただけでなく、女性とも出会えないことを知り、多くの人が地獄を味わったことでしょう。

[出典]GIZMODO

現在はこのような問題が解決できているのかは定かではないのですが、事件に伴う社名変更とCEOの辞任で騒ぎは収まったようです。

流出したデータを確認すると日本の芸能人の名前も

アシュレイマディソンから流出したデータを確認していくと会員情報の中に、芸能人の名前が多数あるということが一時期ネットで話題になりました。

その一部が、
・Norio Minorikawa(御法川法男)→みの○んた
・Takatoshi Horikoshi→市川○老蔵
・Ryoko Ichimura→石原○とみ
・Yuko Ando→安藤○子
などである。

もちろん、同姓同名や偽名によるイタズラな登録なのであると思われるが、出会い系サイトに無知な人などは勘違いする事もあるだろう。
まったく有名人は大変である。

関連記事